【人妻好き】【未公開】vol.9 セレブ美魔女・ユキさんとの1年ぶりに会った日。

カメラで撮る事を最初は拒んでいたものの、 OKにするまで色々な会話をしながら関係つくりを徹底しました。 いざ、カメラを回しながらの行為は非常に疲れるものの、 雪ちゃん自身も大変興奮しているようで、乱れっぷりが凄かった気がします。 意外なのが、行為自体が1年ぶりらしく、 何度か「こんな感じだったっけ」と、呟いていました。 しかし指1本でこれほどまでに感じる女性も珍しいですが、 最終的には3本まで挿入するほど。 噴くのではないかと思うような反応でした。 ピンク色の膣内。 にゅるにゅると動く性器。 上の口で美味しそうに私の愚息を咥え込む姿。 互いの性器を愛撫し合う際は、 私も我を忘れてむしゃぶりつきました。
“【人妻好き】【未公開】vol.9 セレブ美魔女・ユキさんとの1年ぶりに会った日。” の続きを読む

【人妻好き】【未公開】vol.8 セレブ美魔女・ユキさんとの密会後・・・

35歳には全く見えない美魔女まっしぐらのユキさん。 一回り年上の旦那さんは某大手企業に勤めるエリート役員。 経済的な余裕が滲み出ているユキさん。 私を迎えに来る車は輸入車。 昼間はエクササイズや英会話、有名ホテルで奥様方とランチにカフェタイム。 絵に描いたようなセレブ妻です。 そんなユキさんと知り合ったばかりの頃は、 私を見下したような感じで接してきました。 徐々に会話する機会も増えて、プライベートな話をしていくうちに、 旦那さんへの愚痴がチラホラ。 ランチした際に夜の営みへの不満もぶちまけ始めたユキさん。 お酒に酔った勢いでホテルに行ってしまった私たち。 それからはお互いの時間的余裕を利用して、 頻繁に密会を繰り返していました。 相当欲求不満だったのか、激しさを増すユキさんのSEX。 この日、朝まで一緒にいられる事情があり、 泥酔状態でホテルに着いたユキさんを映像に残しました。 魔法は使っていません。
“【人妻好き】【未公開】vol.8 セレブ美魔女・ユキさんとの密会後・・・” の続きを読む

【人妻好き】【未公開】vol.7 ヒトミを再び眠らせて・・・


女性の心と言うものは単純でもあり複雑なものでもあります。 掴みかけたつもりが一転して態度が変わる。 子犬のように甘えていたはずが、 いつの間にか警戒心を強め、距離を置き、時には噛み付く。 そんな典型的な女性だったのではないでしょうか。 ヒトミは初めて関係を持ってからは2度抱いています。 4度目の交渉の際、話を切り出してきました。 よくある話です。 「罪悪感」「背徳心」「後悔」「不安」 出来ない理由を喋らせたら一日は話し続けるのではないでしょうか(笑) それ以降会っていませんでした。 正確には連絡は取り合っていましたが、 出掛けたりはしていません。 ここまで来ると征服欲が掻き立てられ、より一層服従させたくなります。 それが今回。 ヒトミは私が意図的に「眠り姫」にしていた事を勿論知りません。 そこについての警戒心が無い女性に対してなど、 仕掛けるのは容易かった・・・ 一番困難だったのは自宅で会う事でしたね・・・ 「女」としてのヒトミ 「眠り姫」として絶対服従したヒトミ どちらがより興奮するか・・・ 私は根っから後者なんだと思います。
“【人妻好き】【未公開】vol.7 ヒトミを再び眠らせて・・・” の続きを読む